医療法人社団 平世会 若林医院

世田谷区若林駅,内科・リウマチ科 若林医院

〒154-0023 東京都世田谷区若林3-33-15
TEL 03-3421-0282
▲Mobile Site
HOME»  院長ブログ»  院長ブログ»  痛風診療で注意していること

痛風診療で注意していること

痛風診療で注意していること

1.尿酸値低下を急がない
あまり急ぐと、痛風発作を誘発してしまうためです。ゆっくり時間をかけて、尿酸値を正常化するようにしています。
2.安定期に入っても安心しない
多くの患者さんは忙しい中年男性で、痛風発作から時間が経ってしまうと治療を中止してしまうことが多いです。中止後は、尿酸値が再上昇し、痛風発作の再発、腎障害の進行などが起こります。
3.他の合併症に注意する
痛風は生活習慣と関連しており、高血圧、高脂血症、糖尿病などを合併しているケースが多いためです。

2019-02-21 09:13:00

院長ブログ